オイルステインでベタついた時の対処方(アルドボス・カルデットなどの塗料)

  • 2021年8月6日
  • 2021年8月8日
  • DIY
  • 711view
DIY

もう、2、3回木材をオイルステインでベタつかせています(汗)

拭き取り具合って難しいですよね☆

アルドボスやカルデットなど、オイルステインを使って木材保護をした時、ベタついてしまった時の対処方を忘れないようにブログにしておきます(^_^)

オイルステインのベタつきとは!?

木材が吸いきれない量のオイルは、表面に油汚れのように固まり固着して、ベタベタになります(。-_-。)
KONA
1度目の塗装は上手くいったけど、2回目塗り重ねたら、、ベタベタになっちゃいました、、、
この方法で対処したら、木の柔らかさ感じるイイ感じの質感に戻ります☆

ベタつきを取るために使うモノ

ペイントうすめ液

オイルステインのベタつきを取る方法

ペイントうすめ液をウエスに染み込ませます

ベタつく部分を拭きます

しなやかな木の風合いに戻りました(^_^)

まとめ

色付きのオイルステインの場合、色ムラは解消されませんが、味ということで楽しみましょう(^_^)

特に、色あせることも無くベタつきだけが取れました★

木材は、肌あたりが良く素敵な素材なので、長く経年変化や性能を維持できるように、上手にメンテナンスできるとイイですね☆

KONA
郊外暮らしの30代・2児のパパ
工務店と戸建住宅を土地購入から低予算で叶え
夢のマイホーム建築に奮闘中!!
DIYも得意です!!