【自転車 DIY】ビアンキ・ミニベロ7のドロップハンドルとブルックスシートの取付

  • 2022年4月4日
  • 2022年4月5日
  • 自転車
  • 113view

2016年ビアンキ・ミニベロをフレームを残してフルカスタムしています☆

デザインや乗り心地&ポジションに関わる、ハンドルシートのカスタムです(^^)

パーツを決めるまで、妄想を繰り返しモヤモヤ・ニタニタしました☆

ミニベロのハンドル周り

KONA
ブルホーンやフラットバーも候補でしたが、ディズナのジェイフィットハンドルを知ったのが、ドロップハンドルの前方に出過ぎるのが解消されていて決め手になりました。
この組み合わせのブラケットポジションだと、純正のバーハンの位置と前後の距離感がほぼ同じになります。

ビアンキ・ミニベロのドロップハンドルの取付

巷では、なんちゃってアヘッド化と云うらしい☆
ひとつ前の写真のように組み立ておいて、ステムにスペーサーを通して車体に差し込みます。
バーテープは、レザー茶色を予定してます

ビアンキ ・ミニベロの純正のハンドルとドロップハンドル の比較

ハンドルを持ち上げた時に抜けない様に、ハンドルステム上面に大きなステンレスワッシャーを噛ませました(^^)
ポジション的には、60度くらい前傾にしたくて、ハンドルが前方に極力出ないパーツ選びをしました。

ミニベロに似合うシート

王道のブルックスです!!
贅沢にb17スペシャルにしました。

ブルックスはとても種類が沢山あって迷いましたが、ホームページをみると決断し易かったです☆

サドルも、結構考え回りまして

カンビウムのナチュラルに、白のレザーバーテープの組み合わせ、革でもRollsなど、、、

革に決めた後は、乗り心地に定評のあるb17にしました☆

ミニベロにブルックスb17を装着

サドル後方の広い部分の面が水平になるように、やや前上りに角度調節をするのが、ブルックスではベターのようです!!
ブルックス専用クリームがありますが、タピールのレダーオイルを付けて柔らかくしています☆

スペシャルだとカバーが付属と認識してましたが、同梱されていなかったので、別途カバーを用意しました。メチャノビ
このカバー、メチャノビはブルックスb17にピッタリはまるサイズでした(^^)

まとめ

ここまでくると、少年の様に無性にまたがりたくなる、、(p^ェ^q)

シートは評判通り、ノックするとコンコン言うほど硬いです☆

自分のお尻になじませるのが楽しみですね〜☆

ハンドル周りのポジションも、狙い通り前傾がキツくなく、快適になりそうです。

シフターの動きがイマイチ分かってないので、手元操作のし易さが気になるところです。

動画

coming soon

KONA
郊外暮らしの30代・2児のパパ
工務店と戸建住宅を土地購入から低予算で叶え
夢のマイホーム建築に奮闘中!!
DIYも得意です!!