【融資】注文住宅を建てる時、びっくりするつなぎ融資の実態。

  • 2020年10月15日
  • 融資
  • 15view

土地を用意して建物の話も進んだ、融資も仮審査が通っている。建物の見積もりが固まり融資金額内で建てれそう→融資の本審査を申し込んだあたりに発覚するつなぎ融資。

KONA
銀行マンもだいたいな方はつなぎ融資聞いた時「ああ、、σ(^◇^;)」ってなると言ってたなぁ。
今回は、予算オーバーにならない為に警鐘を鳴らす記事です。
↓建築以外の諸費用はこちらの記事にまとめています。
関連記事

戸建注文住宅を工務店やハウスメーカーと打ち合わせをして見積もりが出た所で現実味が出てくるが 「諸費用を把握した上で総予算を計画した方が良い」 建物以外にかかる諸費用の話です。 戸建て注文住宅で建てた時にかかる諸費用 建物金額[…]

↓借り入れと自己資金の関係はこちらにまとめています。
関連記事

融資には苦い経験があり慎重にコトをすすめています。土地と建物買って建てて総額〇〇万円までと予算を決めてましたが、銀行さんとは話しが食い違ってしまい内容を理解できませんでした。 そんな借り入れ金額と自己資金の話です。 借り入れ金額と自[…]

注文住宅を建てる時びっくりする、つなぎ融資

銀行ローンやフラット35などの融資は、家が完成した後に実行されます。

融資実行までの間ビルダーに払う費用をつなぎ融資で用意する事になります。

何がびっくりって、ちゃんと利息や手数料、印紙代などがつなぎ融資だけでかかるのです。
  • 【利息】つなぎ融資で3回分、着工・上棟・完成を払うとした場合、借りた期間で利息が発生します。(2.4%とか)
  • 【預かり金】3回で払う場合3度必要です。(1回5万とか)預かり金に関してはつなぎ融資完済ご清算されるということです。
  • 【申し込み手数料・印紙代】つなぎ融資だけでかかります。(3万・2万とか)

つなぎ融資でかかる費用

ざっと30万円くらい。

1500万をつなぎ融資して着工から完成まで6ヶ月かかる
建物を設計見積もりしている段階で金融機関に相談に行き、つなぎ融資が出来るか否か・金額をシュミレーションし建物の見積もりに合算して考えると予算オーバーにならず良いと思います。
KONA
郊外暮らしの30代・2児のパパ
工務店と戸建住宅を土地購入から低予算で叶え
夢のマイホーム建築に奮闘中!!
DIYも得意です!!