【融資】みなさん知ってるのかな?借り入れ金額と自己資金の話

  • 2020年10月13日
  • 融資
  • 12view

融資には苦い経験があり慎重にコトをすすめています。土地と建物買って建てて総額〇〇万円までと予算を決めてましたが、銀行さんとは話しが食い違ってしまい内容を理解できませんでした。

そんな借り入れ金額と自己資金の話です。

借り入れ金額と自己資金の関係

仮に土地&建物の金額を下記のようにしたとします。

土地 1400

建物 1600

合計 3000

銀行

借りる時1割自己資金だすと金利が安くなるから300万円出します。

合計  3000

自己資金 300

借り入れ 2700

▲簡単に考えるとこのような数字になりますが、仕様の変更で、建物の費用が高くなったらどうでしょうか??

仮に建物が予算より500万円高くなった

合計 3500

自己資金 300

借り入れ 3200

KONA
あれ!?自己資金がそのまま300万だと、合計の1割に満たない
ということは、、、金利は高くなる。

いくらまで自己資金が出せるのか??

貯金などから自己資金として出しても大丈夫な金額はこんなところに気を付けて考えると良いと思います。

手元にある現金から下記項目をひきます

  • 増えるかもしれない建築費
  • 地盤改良の土地改良費
  • 引っ越し・カーテン家具インテリア・家電費
  • 家計の蓄え

融資金額はいくらにするの??

融資は借りれる金額と返せる金額と両方検討した方が良いです。

借りれる金額

事前審査を銀行にしてもうと前年所得に対して○○万円まで借りれると分かります。

返せる金額

それぞれの地域や家庭で異なると思います。

考え方

  • 月々いくら返せるのか計算(固定資産税は年10万〜20万必要)
  • ファイナンシャルプランを立て将来の子供の成長や車などの大きな出費とともに考える

改めて借り入れ金額と自己資金を考えてみると

借り入れ優先案

借り入れ 2520万(6万×35年)

土地&建物合計  3500

自己資金 約1000

もし、ご両親から援助してもらえるようでしたら自己資金に加えます。
このパターンですと合計の3割の自己資金を出す事になるので多少建物費用が増えようが、安い金利で借り入れが可能ですね☆

まとめ

自分自身がこんがらがって良く理解が出来ていなかったので。このブログが少しでも皆様のお役に立てましたら幸いです☆

今回は単純に予算のコトを書きましたが、土地も建物はチラシなどで最初に分かる金額には消費税や諸経費などが含まれていません。

↓詳しく解説している記事はこちら

関連記事

戸建注文住宅を工務店やハウスメーカーと打ち合わせをして見積もりが出た所で現実味が出てくるが 「諸費用を把握した上で総予算を計画した方が良い」 建物以外にかかる諸費用の話です。 戸建て注文住宅で建てた時にかかる諸費用 建物金額[…]

KONA
郊外暮らしの30代・2児のパパ
工務店と戸建住宅を土地購入から低予算で叶え
夢のマイホーム建築に奮闘中!!
DIYも得意です!!