【土地 測量】買う時の越境物(コンクリートブロック・塀)に関して

  • 2020年10月19日
  • 2020年10月19日
  • 土地
  • 19view

土地の決済が間近になり、真実が露わになってきました。

気に入った土地を見つけ購入を進めると知り得なかった事実が出てきます。

その中の、越境物(コンクリートブロック・塀)に関しての記事です。

土地の契約時には分からない越境物とは!?

仲介業者を介しての土地の売買では、ほどんど測量をする事が多いです。

測量をワンブロック(道路の区切りごと碁盤目のような)測り直し、区画内の住人に確認の判子をもらい、皆同意のもと測量図が完成します。

その測量図で明らかになるのが、土地ごとの隣地境界線!!

隣地境界を越えて作られているブロックや塀などを「越境物」と言います。

我が家の越境物

コンクリートブロックでした。簡易な柵がその内側に何故か建てられています。

越境物のその後

隣の人はコンクリートブロックを解体し、簡易な柵のみの状態になりました。

トラブルは避けたいので、こちらはブロックと低い柵を設置する予定にしています。

何か進展がありましたら、ブログでご報告しますね☆

KONA
郊外暮らしの30代・2児のパパ
工務店と戸建住宅を土地購入から低予算で叶え
夢のマイホーム建築に奮闘中!!
DIYも得意です!!